ダンボールディスプレイのメリット

ダンボールディスプレイ~5つの魅力~

その1 表現の自由度が高い!

ダンボールディスプレイ最大のメリットは、何と言ってもその多彩な表現力にあります。カラーバリエーションが豊富なうえ両面印刷も可能。ロゴや写真を印刷するなど、アイデア次第で商品をより魅力的に演出できます。

また、容易に加工できるため、サイズや形状の自由度も抜群です。サイズは人の身長を上回るものから20センチ程度の小さなものまで、形状は直方体や立方体だけでなく丸くしたり三角にしたりと自由自在。もちろん、複数の種類の商品を組み合わせてディスプレイすることも可能です。

その2 コストが安い!

ダンボールディスプレイは、鉄製やアクリル製、木製など他の素材に比べて安価なのがメリット。もちろん、デザインに凝ったり写真を印刷したりすると、デザイン料や印刷料などがかかりますが、それでも他の素材に比べると大きなコストメリットがあります。用紙の厚さや種類などによりコストダウンを図ることも可能です。

また、ダンボールディスプレイはコンパクトに折り畳んで収納できます。保管に場所を取らないことはコスト面でもメリットをもたらしますし、軽量かつコンパクトなため運搬コストも削減できます。

その3 誰でも簡単に扱える!

ダンボールディスプレイを組み立てるのはとても簡単。ネジや工具、接着剤などは一切必要なく、業者の手を借りなくても誰でも簡単に組み立てられます。

また、他の素材に比べて軽いため、持ち運びや設置もスムーズ。ディスプレイが倒れてしまった場合でも、周囲の人がケガをする心配はありません。

その4 処分しやすい!

従来のディスプレイ・什器類は、処分の難しさがデメリットでした。その点、ダンボールディスプレイなら、不要になったら通常のダンボールと同じように簡単に処分できます。

また、木製や金属製のディスプレイは大型ゴミ扱いになるため処分費用がかかりますが、ダンボール製のものはリサイクルできるため、基本的に処分費用はかかりません。イベントやキャンペーンごとに気軽にリニューアルできるのは嬉しいメリットです。

その5 エコに貢献できる!

エコの観点から見ても、ダンボールディスプレイには大きなアドバンテージがあります。木製のディスプレイは燃やすとCO2が発生しますが、ダンボールならリサイクルできるため環境に負荷がかかりません。

エコへの関心が高まっている近年、環境保全に対する意識の高い企業は、消費者から支持される傾向にあります。企業のイメージ戦略的にも、メリットをもたらしてくれるのがダンボールディスプレイです。

このページの先頭へ